乗り心地改善方法!段差でもスムーズな走りにするための3箇条

Sponsored Link

エクストレイルT32後期が納車され半年が経ちました。
最初は気にならなかったんですが、冬に入る辺りから乗り心地の悪さに悩んでました。

サスが固いのか、ショックを吸収出来ていないのか・・・。

私が乗り心地を改善するまでに施した3つのポイントをご紹介します。

自分なりに考えた3つの原因

  1. 18インチの40タイヤ
  2. タイヤの空気圧
  3. 純正サスの硬さ

18インチの40タイヤ

基本的にスタッドレスは履かない地方なので、納車時以外は18インチホイールに厚さ40のタイヤを履かせていました。
試しに友人の車に眠っている45タイヤの物を履いて走ってみましたが、さほど変わらず。
そりゃそうですよね、5mmの違いじゃ吸収力もほぼほぼ変わらないでしょう(^^)

そして最終手段として純正17インチを履いてみました。
やはり・・・かなり乗り心地が違います。
本当は純正の17インチに戻せば良いんですが、せっかく買った18インチを数ヶ月で手放すわけにはいきません(笑)
というわけで、タイヤサイズにより乗り心地が変化するのはわかりましたが、実装は無しです。

タイヤの空気圧

空気圧は滅多に確認しないので、減っているとすればコレも原因の1つですよね。
さらに燃費向上を考えて高めに設定していたので確認してみました。

実際計ったところ、4本共2.5という数値でした。
ん~~悪い数値ではないですね。

そこで敢えて、2.2まで下げてみることに。
前輪は2.5でも良さそうですが、ガソリンも半分程度でしたので2.2にしました。

で、走行してみた結果。
ほぼ変わりはありませんでした。

というわけで、タイヤの空気圧は2.5のまま維持という事に。

純正サスの硬さ

サスについては納車半年という事もあり、バネレートを測るわけにもいかないので目視で(笑)
ショックもへたりは無いですし、サスペンションについては問題ないかと。

まとめ

以上3点の中で、最も怪しいのはタイヤサイズですね。
怪しいというか、おとなしく純正の17インチを履けば解決するような気がします。

今履いているホイール古くなったりガリ傷付けてしまったら、純正に戻そうと思います。
空気圧も夏になったら再チェックですね。時期も関係あるのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク